しみ取り・肝斑治療

ピコレーザーによるしみ取り

ピコレーザーとは、レーザービームが従来のQスイッチレーザーの1000分の1(ピコ秒)で照射される精度の高いレーザーで、組織への熱ダメージが少なく、少ない治療回数で高い効果を得ることが可能となります。
当院では、厚生労働省ならびに米国FDAに承認されている、キュテラ社製 エンライトンのフルスペック機能を搭載したエンライトンⅢを導入しています。

ピコ レーザートーニング

 1回3回6回
スタンダード¥27,500¥61,875
(1回¥20,625)
¥99,000
(1回¥16,500)
スペシャル¥55,000¥123,750
(1回¥41,250)
¥198,000
(1回¥33,000)

しみ取り

 価格
直径0.5cmまで¥5,500
直径1.0cmまで¥11,000
直径1.5cmまで¥16,500
直径2.0cmまで¥22,000

 

しみ取り ケア製品 ※ご希望の方のみ
テープ小¥350
テープ大¥650
スポッツカバー 部分用ファンデーション SPF40 PA+++ 15g¥2,200
美白剤 HQ 10g¥3,300
美白剤 HQ スティック¥5,500

レーザーによるしみ取り治療の流れ

  1. 治療前処置:患部に麻酔クリームを塗ります。
  2. レーザー治療:医師がレーザーをあてます。(少しチクチクします)
  3. 治療部位が白くなり、しみが浮きはじめます。(少しピリピリします)
  4. 治療当日~翌日:治療部位が赤黒く変色し、黒いかさぶた(膜)ができます。
    治療後数日:かさぶた(膜)の黒さが増します。
  5. 7~10日:自然とかさぶた(膜)がとれます。しみがなくなり代わりにピンク色の皮膚になります。(経過に個人差があるため、この時点での再診をお薦めしています)
  6. 14日以降:患部が他の肌の色に融合して分からなくなり、この後も根気よく日中は日焼け止め、夜は処方の美白剤をお使いいただきます。

 

 

レーザートーニング 肝斑(かんぱん)治療

▷肝斑(かんぱん)や難治性のしみにも

レーザートーニングは、色素細胞を破壊することなくメラニンの活性や分泌を減らしていく皮膚のブライトニング治療です。治療を重ねる度に、シミやくすみは軽減し、毛穴やクマの目立たない、透明感のある均一性の高い美肌へと変化していきます。治療が難しい肝斑のみならず、デリケートな皮膚に残った日光性のダメージや色ムラ、炎症後の色素沈着改善にも効果があります。

レーザートーニング(FACE)

 1回3回6回
ライト お試し¥11,000--
スタンダード
顔全体
¥22,000¥49,500
(1回 ¥16,500)
¥79,200
(1回 ¥13,200)
スペシャル
顔全体~首やデコルテ
¥44,000¥99,000
(1回 ¥33,000)
¥158,400
(1回 ¥26,400)